仕手株の特徴

2009年9月 9日 08:12 | コメント(0) | トラックバック(0)

はっきり言えば、株価が急騰したときそれが仕手筋の仕業なのか、単なるマネーゲームなのか、それを区別する方法はありません。
共通の特徴として、
1)株価が急騰する
2)出来高が急増する
の2つが挙げられます。
また多くが低位株と呼ばれる、株価が安い銘柄です。

そこでこれらをまとめて「仕手株のような動き」と報道しています。仕手筋の手口は、株価が安いうちにこっそり買っておき、あるとき突然買い上がるものです。これをきっかけとしてマネーゲームが起こりますが、インターネット取引の普及により仕手筋が絡まない思惑からのマネーゲームも頻発するようになりました。

 

 うつ病  お見合いパーティー
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

株で大儲けしたい
「株で大儲けしたい!」そう思っている方は多いでしょう。普通に株を売買していてもそれほど大きく儲けることは難しいですね。
仕手株の特徴
仕手筋は、優良企業ではなく、いわゆるボロ株銘柄を不人気な間に、買い集めます。それは一気に買い集めるのではなく、静かに少しずつ、市場の噂になりにくい様な単位で、ある程度の期間をかけて買い集めます。
仕手銘柄
小型株には仕手に利用される銘柄がたくさんあります。仕手銘柄が動き出すと、過去に仕手化した銘柄が、タイミングを計りながら、「次はこれだ」「いやこの株だ」と噂が噂を呼んで順番に動き出します。このような常連の仕手系銘柄は、さほど大きな材料がなくても値上がり、出来高、株価の動きが材料になり過去の相場を思い出し簡単に提灯買いが集まります。
株で大儲けしたい
「株で大儲けしたい!」そう思っている方は多いでしょう。あなたもどんな理由であれ、株で儲けたいと思っていますよね? 普通に株の売買をしていても大儲けはなかなかできません。一発逆転になるような急騰銘柄を見つけなければ、なかなか「大儲け」は難しいですね。
仕手株の特徴
はっきり言えば、株価が急騰したときそれが仕手筋の仕業なのか、単なるマネーゲームなのか、それを区別する方法はありません。
癖を読んで、吹き上がる前に仕込む
仕手の「情報を入手して乗っかる」という時点で、すでに乗り遅れています。その時には既に株価は上昇の頂上近くまできています。その時、すでに彼らは「買ったものを売ろう」としている可能性があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://yosinc.com/mt2/mt-tb.cgi/1188

コメントする



このサイトを購読する